Evidence Based Healthcare Council

第11回は、当協議会理事 中山健夫が座長となり「健康診断データのデータベース化による医療への貢献」というテーマで座談会を開催しました。

座談会は、企業会員の(株)ディープインパクト・富本充昭氏によるカラダマッププロジェクトに関係した健診データ活用の新提案の発表と、それをもとに、参加された方々それぞれの立場から、忌憚なく語り合う場となりました。


第2部では、特別会員の西村先生より高齢者のコミュニティ・ビジネスについて実体験エピソードを交えた提案講演を行ない、提案に基づいたディスカッションを当協議会事務局長廣瀬克哉が座長となり、今回のプロジェクトの現場である東京都北区王子二丁目に実際にお住まいになり、大いにご尽力いただいた八代英太先生はじめ関係者の方々で今後の展開について意見を交換しあう場となりました。