Evidence Based Healthcare Council
NHK-Gメディアとのコラボ企画。
今回のテーマは『あらためてメタボのリスクを考えよう』です。

全国で秋の健康診断が始まりました。いわゆるメタボ健診(特定健診)とレセプト(診療報酬明細)情報を集めたナショナルデータベース(NDB)の集計結果が昨年初めて公表され、健康増進や医療の適正化に向けた、分析と活用の取り組みが進められています。最新の集計結果も、今年度中の公表が予定されています。高血圧、高血糖、脂質異常と内臓肥満が、病気のリスクを飛躍的に高めるとされるメタボリック・シンドローム。あらためて、その考え方やリスクの実態、効果的な対策について、京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長の坂根直樹先生と当協議会理事長である中山健夫先生にお話いただきました。
 

当協議会の「料理会」では、このように各分野の専門家によるエッジの効いた講演およびざっくばらんに話のできる場を提供しています。
ご興味のある方はぜひ会員となりご参加ください。
※内容によっては、一般の方が参加できる場合もございます。

 

情報素材料理会<第88回>

あらためて
メタボのリスクを
考えよう

いわゆるメタボ健診(特定健診)とレセプト(診療報酬明細)情報を集めたナショナルデータベース(NDB)の集計結果が昨年初めて公表されました。健康増進や医療の適正化に向けた、分析と活用の取り組みが進められています。高血圧、高血糖、脂質異常と内臓肥満が、病気のリスクを飛躍的に高めるとされるメタボリック・シンドローム。
あらためて、その考え方やリスクの実態、効果的な対策について、京都大学大学院教授の中山健夫先生と、京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長の坂根直樹先生にうかがいました。