NHK-Gメディアとのコラボ企画。
今回のテーマは『Apple WatchとiPhoneで変わる健康の未来』です。


ウエアラブル機器とスマートフォンの、健康・医療分野での活用が加速しています。国内のスマートフォン市場で半数を占めるiPhoneも、Apple Watchはもちろん、様々なウエアラブル機器や健康機器との連携が進み、日々のからだのデータを収集し、健診や検査データとあわせて集団の健康を見える化する取り組みに活用されています。アメリカでは、パーキンソン病の実態解明や自閉症診断、てんかん発作の予測など、さまざまな臨床研究も進められています。
このような状況を踏まえ、当協議会事務局長である廣瀬克哉先生が、特別ゲストとともに、 健康・医療分野でのApple WatchとiPhone活用の最前線について語り合いました。

当協議会の「料理会」では、このように各分野の専門家によるエッジの効いた講演およびざっくばらんに話のできる場を提供しています。
ご興味のある方はぜひ会員となりご参加ください。
※内容によっては、一般の方が参加できる場合もございます。


 

上へ戻る