主な活動 広める

ニッポンの国民病・糖尿病にどう立ち向かうか

このシンポジウムは終了いたしました

日時:平成22年2月7日(日)午後2時より
場所:東京国際フォーラム(東京)

 厚生労働省が平成19年12月に発表した「国民健康・栄養調査」によれば、糖尿病が疑われる人は予備軍を含めて2,210万人と、初めて2,000万人を超えました。前年より340万人増え、10年前の1.6倍に達しているといわれています。およそ国民の5人に1人は糖尿病もしくはその予備軍です。このままのペースで糖尿病患者とその予備軍が増えれば、将来健康保険財政は重大な危機にさらされかねません。

特に問題なのは、「強く疑われる人」のうち約4割は治療をほとんど受けたことがないということです。糖尿病予備軍の存在は以前から問題であり、治療をせず放置した場合、合併症を併発したり、人工透析が必要な状態に陥る恐れもあることから、様々な啓蒙活動が行われてきました。しかし期待されたほどの効果を上げているとはいえません。国連も11月14日を「世界糖尿病デー」として糖尿病への理解、対策を訴えています。

 NPO法人EBH推進協議会では、社団法人日本糖尿病協会、京都大学と協力して、糖尿病患者とその予備軍の実態を正しく把握し、糖尿病の予防と啓発に生かすことを目的とした「糖尿病についての全国意識調査2009」を昨年5月から開始しました。

 本シンポジウムでは、このEBH推進協議会による最新の調査結果を元に、今後の糖尿病に対する啓蒙活動の在り方を考えていきます。

※本シンポジウムの一部は、2010年3月にNHK教育テレビ『日曜フォーラム』で放映されました。

ポスター
 
ポスター
ポスター
 
パンフレット
 


「シンポジウム」に戻る

上へ戻る