調査報告

ダイエットアプリの評価試験

糖尿病予備群かつ肥満者のための減量プログラムの有効性の検証:ランダム化比較試験

NPO法人EBH推進協議会は、行動経済学の知見と予防医療のエビデンスに基づいた糖尿病予備群のためのダイエットアプリを株式会社ライフケアパートナーズと共同開発。アプリ効果測定の実証実験を京都大学と共同で実施しました。

対象:日本生命健康保険組合員の中から、HbA1c6.0〜6.8且つBMI25以上 該当の方を参加募集。
・期間:2014年12月〜2015年5月
・内容:アプリの利用により生活習慣を無理なく修正し減量できているか等を検証。またアプリ利用者と非利用者を比較しアプリの有効性を検証。



糖尿病と食のアンケート

NPO法人EBH推進協議会では、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防・啓発活動を行っていくにあたり、前回「糖尿病についての全国意識調査2009」でご協力いただいた方々を対象に、「糖尿病と食」についてのアンケートを実施しました。



糖尿病についての全国意識調査2009

糖尿病は、現在、1,800万人以上の日本人が患者もしくは患者である疑いのある国民病です。にもかかわらず、正しい治療を受けている人は250万人弱と、全体のわずか一割強に過ぎず、それ以外の方々の実態については正確には把握できない状況にあります。

私たちNPO法人EBH推進協議会は、社団法人日本糖尿病協会と協力※し、こうした糖尿病の実態を正しく把握して、糖尿病治療の向上と糖尿病の予防・啓発に生かすことを目的に、この調査を実施します。

NPO法人EBH推進協議会 理事長・西村周三
(2009年5月当時)


※当研究は、日本糖尿病協会が企画している医療調査と並行して実施されます。
 EBH推進協議会と日本糖尿病協会は互いに分析結果を共有し、中立的立場から検討いたします。
 日本糖尿病協会(清野裕理事長)は、糖尿病に関する知識の普及啓発などを理念に掲げ、病患者、医師・コメディカルなど現在約10万人の会員を擁している公益法人団体です。

<調査票より抜粋>


詳しくはこちら



ダイエットプロジェクト 「イオン作戦」

「イオン作戦」(Escape From Obesity Naturally、肥満からの自然な脱出)は、内臓脂肪の改善に重点を置いた新しいダイエットプログラムの試みとして、医療機関の主導によって進められたものです。
実施期間は2005年10月24日からの8週間(終了)で、全国から約1,200人の方々の参加がありました。無理なく自然にメタボリックを改善することを目標に、毎朝体重計で自分の体重を確認しネット上の健康手帳に記録すること、ダイエットサポートのための低カロリー総合栄養食を一日1回以上摂取することを基本内容として実践しました。

なお、このプログラムは、経済産業省の「健康サービス産業創出支援事業」の支援のもとに、これからの健康サービス事業を考える「近畿健康情報・指導サービス提供フォーラム」が実施する調査プロジェクトとして立案されました。


上へ戻る